活用場面の多いハイヤーサービス

ハイヤーというと経営者や役員など一部の人が利用する乗り物というイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし実際にはいろいろな用途で利用されているサービスです。例えば、休日のレジャーとしてゴルフを楽しむ際などによく利用されています。ゴルフは早朝に集合する場合が多いですが、朝から自分で車を運転して向かうとなるとそれだけで疲れてしまいます。ハイヤーを利用すれば、早朝でも自宅まで迎えに来てくれ、車に乗り込めばゴルフ場まで送り届けてくれます。ゴルフバッグなどの荷物を運ぶのもすべてお任せです。自分が運転するわけではないので、ラウンド終わりにクラブハウスなどでお酒を飲むこともできます。ワゴンタイプの車もありますから、参加者が一緒に移動することも可能です。

冠婚葬祭の時にハイヤーを利用する事例も少なくありません。冠婚葬祭の時には着物やドレス、スーツなどで参列しますが、動きづらい、汚したくないという場合は公共交通機関の利用は避けたいものです。ハイヤーはそういった場合に便利に利用できるためおすすめです。また、身内だけのごく少数での開催で、マイクロバスなどを貸し切るほどの人数ではないようなときにも重宝します。ハイヤーは個室空間になるため、住まいが遠く普段はなかなかじっくり話しができないような親せきや友人とも、心置きなく昔話に花を咲かせられるでしょう。

近距離の日帰り観光においても、ぜひ移動の足として利用してみましょう。ハイヤーであれば、その時々の状況でフレキシブルにコースを変更できるのがメリットです。ツアーバスだと、このような融通はなかなか利きません。また、運転をプロに任せることで、土地勘の無い旅先で迷子になってしまう恐れもなく、タイムロスが発生しません。食事の時にお酒を飲むのを控える必要もないため、全員でゆっくり楽しめます。

ビジネスユースでハイヤーを利用する方も少なくありません。ハイヤーは、走る応接室とも言われています。ハイクオリティのおもてなしをしてくれるので、安心して重要なお客さんを乗せられます。近年では、グローバル社会が進んでいて海外のお得意様がいる会社も少なくないでしょう。そういった海外の取引相手が来日した際は、英語の堪能なドライバーが在籍している会社に依頼すれば心強いです。ただの移動時間でも相手に良い印象を与えられるため、取引もうまくいく可能性が高まります。このようにいろいろな場面で活用できる点が強みと言えます。